人気のテーマ株に見られる失敗例とは?

日々相場を眺めていると毎日のように何らかの人気テーマ株が確認され株価を大きく上昇させています。時にはお祭りのように一気に急騰しストップ高をつけている銘柄まで確認されており、こういった個人投資家を中心に人気を集める急騰株を買ってみた方は意外と多いことでしょう。実はこの人気のテーマ株や話題株には思わぬ落とし穴があります。それは株式投資の基本や本質と反する部分にあるのです。
まずテーマ株の特徴として目立ち過ぎるという点があります。株式投資における基本の一つとして、あまり目立たない魅力に気付かれていない優れた会社を安く買うことにありますが、人気化したテーマ株とは既に乗り遅れているわけであり割高水準であることも珍しくありません。「人気」「注目」「話題」と聞けば興味が沸くかもしれませんが、その割に実入りの悪い投資となりやすいでしょう。
次にテーマ株は値動きが激しすぎる点もあります。前述の通り目立つために株価は乱高下しやすい傾向にあり、その結果、手っ取り早く利益につながると考える投資家も多いでしょうが、ギャンブル要素が大きく投資というより投機に近いです。もちろん上手くいくケースもあるでしょうが、リスクとリターンを考えるとあまり賢い投資とはいえないでしょう。確かにテーマ株にはテーマ株の魅力があります。割高てせ赤字企業も確認されますが、中には知る人ぞ知る有望株として探り当てることも決して不可能ではありません。安易に話題のテーマ株に飛びつかないようご注意ください。

関連記事
ページ上部へ戻る